航空券だから可能なこと

日本国内の旅行の手段は、同じ目的地に行くにも陸にも空にも競合他社が凌ぎを削っています。しかし、最も快適で短時間で目的地に着くことができるのはやはり飛行機でしょう。
パスポートが要らないので国内線のフライトは非常に簡単です。ほとんどの航空券がeチケットで発券されますからその番号だけあれば、手ぶらで空港に行ってチェックインできてしまいます。eチケットは航空券が航空会社のシステム内に格納されており、紛失の危険などが無いので安心です。このシステムのお陰で、チケットを郵送で受け取ったりカウンターに取りに行く必要が無くなったため、出発間際まで航空券が購入できるようになりました。
大手の航空会社のみが就航していた時代と違って、今は競合するLCCが複数存在します。何社も就航しているようなドル箱路線では競争の原理が働いて、距離が長くても料金が安くなっているのがほとんどですので、同じルートを新幹線や高速バスなどを利用して行くよりも金額的にはさほど変わらなかったり、むしろ安上がりであったりするのです。