やっぱり経済的な航空券

列車の旅、自動車の旅、そして船の旅、いずれもいいものですが、経済性を考えると、国内旅行では航空券の右に出るものはないのではないでしょうか。
まず大きなメリットは、時間が買えるということです。移動時間が短いということはそれだけ観光地等に滞在する時間が長くなるということですから、滞在時間に要するコストとしては非常に経済的と言えます。また、同じ行程をより短い日数でこなすことも可能になりますから、宿泊費も含めた総コストではさらに大きな差が生じる可能性があります。浮いた時間を滞在時間の延長に使うか、行程の短縮に使うかはありますが、経済性に換算できるメリットといっていいでしょう。
また、交通費そのものの経済性も高いものがあります。航空券と新幹線のきっぷにはそれほど大きな差はありませんが、特に飛行機の場合たとえば75日前購入という早期購入で相当に安くなりますので、非常に経済的と言えます。
そして、極めつけはマイルでしょう。マイルをためて航空券に換えるのもよし、商品に換えるのもよし、電子マネーに換えるのもよし、実に経済的と言えます。